2014年12月04日

中華の5弦ベース(改)

手持ちのベースが変形とアップライトの2本なので、
やっぱりスタンダードなものも1本欲しいな・・・と思い、去年から色々と探してました。

今さら安物を買う気にはならんし、かと言って"それなり"にこだわると
ウン十万円は確実にするしなぁ…ってことで、選ぶ条件は・・・
◆ノーマルシェイプ(PB)の5弦ベース
◆安価なこと(頻繁に使用しないので)
◆クリアボディ(珍しいし、オリジナリティもある?)

と言う訳で、つたない英語を駆使しつつ、中華の担当者がナメタ対応ばかりで
散々ブチ切れた挙げ句、アリババ経由で$300(約30000円)で入手。

img20141202_203955-592fd.jpg
◆言うまでもなく!?音は最悪なんで、最近お気に入りのEMGに交換
◆飛び道具的な使い方もしたいので、中古のベースシンセ(GR20)を取り付け
◆色々なジャンルで使いたいため、マイルドな音がイマイチ好きになれへんが、
    素晴らしくライフが長いのでエリクサーを使用

5弦ベースのネックの太さと、5弦が存在する違和感はあったものの、割りとすぐに慣れました。
ちなみに、ただ弾いているだけにもかかわらず、突然ネック(ヘッド?)が折れると言う
「さすが中華はモノが違うぜぇ〜!Σ( ̄□ ̄;)」と感じさせる一面もありました。

img20141202_220406.jpg
ボルト突っ込んで直しましたが・・・。(結構たいへんやったでぇ〜)

品質に不安はあるけど、なかなか気に入ってます。


posted by 川やん at 00:00 ギター&ベース | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。