2015年08月16日

「ちっち」体温調整用に...

ハムスターを飼い始めてから疑問だったことの1つに、体温調整ってどうやってんやろ?ってのがあった。
特に解決しないまま時間が過ぎてたんやけど、ふとした瞬間に思い出した。

地下巣箱の本家サイトで質問してみると「野生は地中の巣(部屋)に温度差があるので、
居場所で調整している・・・」と言った主旨の回答があった。

なるほど!Σ( ̄□ ̄;)

うちの地下巣箱は中央が一番温度が低く...離れるほど上がっていくので、使い分けてるかも知れへんな。
引続きネットで調べていると、「オシッコで放熱している」との書き込みを発見。

う〜ん...ホントかなぁ。(-.-)ノ⌒-~
解明されていない?(多分)のでよくわからんけど、何となく一理ありそうな気もする。


で、ハムスターは「巣の温度とオシッコの量で体温調整してる」ってことか?


前置きはさておき...オシッコ(水分)で体温調整してるなら、冷たい水の方が良いのかも?

って訳で、「常温の給水ボトルとは別に冷水を与えられないか?」考えてみた。
実は昔から構想があった、結露水を給水に使用できないか?って案を実践してみることに八分音符

img20150816_130354.jpgimg20150816_130504.jpg
アルミ(A5052)のプレートと丸棒(各500円)を近所の板金屋から調達して、穴あけ等の加工をしました。
ペルチェは冷却ユニットと同じく廃品です。

img20150816_130646.jpgimg20150816_130815.jpg
熱伝導用のシリコングリスを塗って組立て。

img20150816_130242.jpgimg20150816_130129.jpg
断熱材と装飾用に人工芝を貼付したら完成です。(^з^)-☆

img20150816_122709.jpg
必要な時に必要な分だけ結露させれば理想ですが、そんな制御方法はわかりません。(笑)
そもそも、いつ水を欲しがるのかもわからんし。。。(〃_ _)σ‖

img20150816_122759.jpg
なので、とりあえず地下巣箱の冷却ユニットと同期させることにしました。
この時期、数分おきに冷却ユニットが起動するので常に結露してます。

img20150816_134737.jpg
念のため!?給水ボトルは今まで通りに設置しておきます。

相変わらず水の減りが遅いし微量の変化しかわからんので、本当に飲んでいるのか不思議ですが、
たま〜〜〜に飲んでいる姿は見かけるので、コイツがないと困るやろうな。


さてさて、「ちっち」は気に入ってくれるかな?


posted by 川やん at 22:17 ペット | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。