2015年11月29日

KLX250吸気ダクト変更と軽量化の総重量...

KLX250レーサー化を進めるにあたり、悩んでいたのが吸気ダクト。

エアークリーナーのカバーごと取ってやろうかと思ったけど、
砂やダストが入ることを懸念して、吸気口の大きいKDXのものを取り付けることに。

img20151129_151900.jpg

img20151129_143240.jpg
左がKLX250(2009年式)で、左がKDX用の吸気ダクトです。
見ての通り、穴の大きさが全然違います。

あと、ダクトがないと低速域のレスポンスが悪くなるので、オフロードの場合はあった方が良いやろね。
Dトラッカーだと、高回転重視にするなら外した方が良い感じかもね。

img20151129_143336.jpg
ダクトを取り付けると、こんな感じっす。


それから、先日軽量化した部品の重さを計ってみました。

img20151129_143442.jpg
軽量化に関する部品はこれくらいかな...
あと、バッテリーをサイズダウンしたので、その分も含めると・・・

「約8kgの軽量化」

したことになります。


あれ!Σ( ̄□ ̄;)
たったの8kgだけって。。。(〃_ _)σ‖

カタログでは、KX250Fが106kgでKLX250が136kgなので、その差は30kg。
ってことは、KX250Fに追い付こうと思ったら、まだ22kgも軽くせなアカンやん。┐(´д`)┌


さすがにそれは無理やな。(笑)


posted by 川やん at 15:01 車&バイク&チャリ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。