2010年03月24日

ギター製作(塗装F)

さて、塗装は着色に入ります。(やっとやな・・・。たらーっ(汗)




最終的なイメージは・・・・・・ワインレッドより明るくイタリアンレッドより暗い。


色のイメージなんて、言葉では説明できへんな。ふらふら

着色開始しました!.JPG

3度塗りが終わりました。
まだ、下地の白色が勝ってるのかピンクっぽくなってるやん!あせあせ(飛び散る汗)




ま、もう何回か重ね塗りしていけば、もっと深みのある赤色にあるでしょうexclamation×2





・・・・・・・・・多分。もうやだ〜(悲しい顔)





最終的にどんな感じになるかは、お楽しみやね。るんるん




続く・・・。


posted by 川やん at 00:00 ギター&ベース | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

ギター製作(ネックH)

あ〜〜〜早く完成させた〜いexclamation×2



さて、指板とネックを接着したまんまなんで、ナット部分の加工をせんとアカンなぁ。

ナット部の加工前.JPG

指板を切りっぱなしなんで、ココをヘッドへ向けて滑らかにつないでいきます。
まずはカンナでざっくりカットして、後は地道にペーパー掛けです。もうやだ〜(悲しい顔)

ナット部の加工後.JPG

ヘッドを小さく作り過ぎたこともあって、ここのRがきつくなってしまってんけど、
まぁ・・・・・・・・・エエやろ。あせあせ(飛び散る汗) (笑)





本人が満足すれば、それで良いんです。るんるん

別に・・・この道でメシ食ってる訳でもないしね。




と言う訳で、まだまだ完成への道のりは遠いな。たらーっ(汗)




続く・・・。
posted by 川やん at 00:00 ギター&ベース | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

ギター製作(ネックG)

ネックも進めんとね・・・。
何気にネックで苦戦してたりして・・・。たらーっ(汗)



さて、ネック側面の平面も出せた(意外と苦労したんやけど。あせあせ(飛び散る汗) )ことやし、
フレットポジションでも取り付けますかexclamation×2

フレットポジション取り付け!.JPG

指板面は、各ポジションにφ6.5×1.5深さの穴をあけて
フレットポジションを瞬間接着剤で固定します。手(チョキ)

フレットポジション側面.JPG

側面は、指板とネックの間を中心にφ2.0の穴を5mm深さくらいあけて、
指板面と同じくフレットポジションを瞬間接着剤で固定します。るんるん


側面の飛び出したフレットポジションは、カッター等で切り落とします。




やっと、ネックらしくなってきたな・・・。ぴかぴか(新しい)



そろそろ指板にR付けて、フレット打っていかんとね。( ̄。 ̄;)




続く・・・。
posted by 川やん at 00:00 ギター&ベース | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

ギター製作(塗装E)

下地の白塗装も完了し、お次はサンディングシーラーです。手(チョキ)



ボディを白色にするなら、もうこれでエエのに・・・。もうやだ〜(悲しい顔)
着色までの道のりは遠いなぁ・・・。(単に、オレがヘタッピなだけか!がく〜(落胆した顔)


と言う訳で、塗装開始です。るんるん

サンディングシーラー完了!.JPG

あまり代わり映えしませんが、これが最後の下地です。たらーっ(汗)

疲れたなぁ〜〜〜。ふらふら



着色(赤色)が始ったら、もうちょっとモチベーションも上がるかな???グッド(上向き矢印)




あともう少し・・・もう少し。あせあせ(飛び散る汗)



続く・・・。
posted by 川やん at 00:00 ギター&ベース | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

ギター製作(塗装D)

中々、思うように前に進みませんなぁ・・・。もうやだ〜(悲しい顔)



前回、下地である白色塗装が垂れてしまったんで、その修復をします。バッド(下向き矢印)

耐水ペーパー(#1000くらい)で垂れた部分を落とし、
もう1回・・・・・・もう3回exclamation&question 白色塗装をします。ふらふら

最後の白塗装.JPG

とりあえず、やっ〜〜〜と塗装が完了しました。るんるん

この後、サンディングシーラーを塗ってから着色に入ります。




どぁ〜〜〜。
やっぱり塗装工程は苦戦すると思ったわ。たらーっ(汗)


もうしばらくの辛抱やね・・・。



続く・・・。
posted by 川やん at 00:00 ギター&ベース | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

ピックガード再製作(後編)

材料も買ってきたことやし、早速作ろっかな〜exclamation×2

アクリル板ミラー.JPG

アクリル板とは言え、さすがはミラーと言うだけのことはあるな〜〜〜。
反対側がバッチリ映ってるやん!ぴかぴか(新しい)

ちなみに、厚みは2mmです。


大まかにカットしたところ.JPG

テンプレートに合わせて、大まかにカットしたところです。(写真は裏面。)
カットしていくと亀裂が入りやすかったこともあって、チョット気を使いました。たらーっ(汗)

亀裂が入りやすいのは、ミラー特有の性質なんやろか???
フツーのアクリル板が割れやすいとは聞いたことないし・・・。ふらふら


やっと完成です!.JPG

後は形状に合わせてヤスリ掛けすれば、あっけなく完成っす!るんるん

ま、あっけなく完成・・・・・・とは言っても、それなりの作業やけどね。もうやだ〜(悲しい顔)


で、ピックガードの取り付けは、前回同様に薄い両面テープを使いました。
だって、まだこのベース(Impulss)にネジ穴あける勇気なんてないし。あせあせ(飛び散る汗)






さて、それでは新旧の比較です。

一見同じように見えるけど・・・.JPG

ライブ直前に作ったSUS430製(左)と、今回作ったミラーのアクリル板(右)。



一見すると同じような感じですが、ピックガードの反射の仕方が全然ちゃいます。
ミラーのアクリル板って、はっきり言って鏡やんexclamationexclamationexclamation


まるで鏡やな・・・.JPG

試しに雑誌を映してみましたが、見ての通りバッチリ反射してます。ぴかぴか(新しい)



それにしても・・・・・・アクリル板なんで傷つきやすいのは仕方がないとして、
ガラスの鏡みたいに反射したのは、ち〜っとビックリしました!目







そういや、まだアクリル板の端材が余ってるな・・・。


何か作りたいな。(笑)
posted by 川やん at 00:00 ギター&ベース | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

ピックガード再製作(前編)

去年のライブ前に大急ぎで作ったピックガード。


急いで作ったこともあってイマイチだったので、もう1度作り直すことにしました!ひらめき

(参考)http://kawayan-nikki.seesaa.net/article/126415097.html


前回作ったのはコチラ 右斜め下

ピックガード.JPG

この時は・・・とにかく急いでたこともあって、A4用紙でexclamation&question テンプレートを作って
ピックガードの材質は、0.1mmのステンレス(SUS430)を使ってました。あせあせ(飛び散る汗)


ホームセンターで手に入る材料で間に合わせた結果、それしか手段がなかったので・・・。ふらふら



それに・・・ステンレスやアルミ等の鉄鋼材料は、一旦、凹ませたり

変な歪みが出来てしまうと2度と元には戻せない(戻らない)んで、

製作の難易度が高いんですexclamation×2 (これって、単なる言い訳exclamation&question





で、今回は時間があるんで、ちゃんとミラーのアクリル板を使って作ることにしました。ぴかぴか(新しい)

ピックガードの取り付けイメージ.JPG

完成イメージです。 右斜め上
前回と違うのは、青丸部分の形状を若干変更しただけやったりして。たらーっ(汗)


ただ、時間があるとは言っても何日も掛けて作るもんでもないんで、
今回のテンプレートは、厚紙で作ることにしました。(笑)手(チョキ)

厚紙のテンプレート.JPG

厚紙とは言っても、前回みたいにペラペラの紙とは違うんで、
今後作り直すことがあっても、ちゃんとテンプレートとしての機能は果たしますよ!るんるん






それでは、いざ製作へ!グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)



続く・・・。
posted by 川やん at 00:00 ギター&ベース | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

elixir ・・・ 良し悪しやなぁ

コレやexclamation×2 と言ったベースの弦が見つからない今日この頃・・・。もうやだ〜(悲しい顔)



で、1年ほど前からずっと気になっていたelixirに張り替えて約半年が経ちました。ぴかぴか(新しい)

IMG_10880.JPG

アーニーボールやダダリオに比べると値段が2倍exclamation&question 近くするんで、

実際どんなもんやろか・・・・・・って試してみましたが、

確かに ”音の劣化” や ”手触り” と言う点では、長持ちして良い感じっす。手(チョキ)



音の方向性も割りと自分好みなんで、お気に入りの1つであることは間違いないねんけど、
これはチョット頂けへんなぁ・・・・・って思うのが、コーティングのはがれ。がく〜(落胆した顔)

コーティングのはがれ.JPG

手触りを良くするために樹脂???コーティングがされてるねんけど、
このコーティングが、結構簡単にはがれる?(めくれる?)ねんな。ふらふら


特にピック弾きを多用する場合は、コーティングのはがれ方がヒドイからなぁ・・・。たらーっ(汗)

フレット側も、よく使う5f前後はベロンベロンになってます。バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)





まぁ・・・・・・コーティングがはがれたからと言って、特別弾きにくくなる訳ではないし、
はがれたコーティングが指に当たって痛いどんっ(衝撃) って訳でもないねんけど・・・・・・


単純に、見てくれがよろしくないっす。あせあせ(飛び散る汗)



せっかく良い弦と出会えたかと思ったけど、なかなか難しいなぁ・・・。(>_<)






次はどこの弦にしよっかな?
posted by 川やん at 00:00 ギター&ベース | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

ギター製作(ネックF)

さぁ、頑張ってネックも仕上げまっせ〜exclamation×2


先週、指板とネックの接着不良で予想外の作業が発生してしまいましたが、
無事に修復が終わりました。ぴかぴか(新しい)

スキマの修復完了!!!.JPG

スキマの修復方法ですが、お湯を指板とネックのスキマに少し入れて接着剤を溶かします。

その後、すぐに接着剤をスキマへ入れていき、
ウッドクランプでスキマが出来ないように、強めにクランプします。ひらめき



これで、スキマの修復はバッチリっす!るんるん
(実は、安直にパテ埋めしてしまおうかと考えてました・・・。あせあせ(飛び散る汗)


整形中です!.JPG

修復も終わったので、ネックの整形に入ります。


まずは、指板とネックをキッチリ水平にヤスリとペーパーでサンディングします。






それにしても、スキマが出来た時はチョットあせっちまったよ。たらーっ(汗)



続く・・・。
posted by 川やん at 00:00 ギター&ベース | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

ギター製作(塗装C)

ちょっと焦ってもたかな・・・・・・。がく〜(落胆した顔)



現在ボディの塗装中ですが、塗るたびに塗料が少しタレてます。たらーっ(汗)

白塗装5回目.JPG

これで5度塗りです。
写真ではわかりませんが、アチコチに塗料のタレが目立ちます。もうやだ〜(悲しい顔)




ま、この白塗装は下地になるんで、別にエエっちゅうたらエエねんけど、
やっぱりシーラーに比べると、着色は難しいわ。ふらふら


でも、難しいってのもあるけど・・・どうもオレは塗装がヘタッピやな。バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)






で、乾燥したら一旦きれいにサンディングして、
きれいに白色に塗ってから、本命の赤色を塗ることにします。るんるん



原色の塗装で苦労してるってことは、メタリックとかシースルーをやる時は、
メッチャ苦戦しそうやな・・・。あせあせ(飛び散る汗)






あ〜〜〜〜〜〜もっと腕を上げたいexclamation×2




続く・・・。
posted by 川やん at 00:00 ギター&ベース | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。